face_angry_woman5
70: 修羅場まとめ速報 19/01/14(月)12:37:20 ID:r14
いとこの話

母方の伯父には私と同い年の娘がいたのだが、
伯父本人が20年ほど前に事故で亡くなり、
母親(義伯母)に連れられ実家に帰った

そちらの実家では、いとこの母方の祖父母が住んでいたのだが
祖父を亡くしてから祖母がボケ始め、
大量の料理を作っては自分でも食べずに腐らせるのに
「腐ってないのよ!」と捨てずに溜めこむようになったらしい






どれだけ悪臭がしようがカビが生えようが
「砂糖が入ってるから腐らないの!」「火を通せば腐らないの!」と主張
それでいて食べるのは「年寄りが食べるワケないでしょうが!」と徹底拒否
特に正月など最悪で、
誰も食べない黒豆の砂糖醤油煮込みを圧力なべにひとつ作っては
一日にひと粒(一食ではなく)しか食べず、十日もするとそのひと粒も食べないのに
絶対に捨てるのを拒否して、腐っても春まで鍋ごと溜めこむ
見かねて捨てれば親の仇のようにガタガタガタガタ喚き散らし
ご近所に聞こえる声で「アタシが飢え死にしたらアンタたちのせいよ!」とまで叫ぶので
義伯母はある日突然「任せた」と書き残していなくなった

ボケているとはいえ祖母を見捨てられなかったいとこは同居を続けたが
年齢は隠せず、体調を崩した祖母は要支援になり、歩くのが不自由になり
おむつを欠かせない体になってしまった
これなら料理なんかしなくなるだろうといとこは油断していたが、
昨年末、自分の歯医者に行って帰宅したら
要支援でおむつ常備でボケている祖母が、
直径30センチの寸胴鍋に大量の黒豆を煮詰めていた
「これで来年一年食べつなげるわー」とほざいたのがいとこの限界

家中のあらゆる食材を全てご近所や親戚(うち含む)に送りつけ、
その黒豆の他に食べられる物をなくして
「そのゴミを始末しなければ何も食べさせない!」と宣言した
祖母は鼻で笑って、もちろん黒豆は食べずに他の食材を探したが
家の中、少なくとも祖母が手の届く高さには何も見つけられず
ご近所にはいとこが「手出し無用」と触れ回っていて
黒電話の使い方しか知らない祖母では現有の電話機を操作できず
音を上げた祖母は仕方なく黒豆を何粒かだけ食べたが、いとこは他に水しか口にさせず
年の暮れが来て年が明けても、他の何も食べさせなかった

いとこ本人は外食していたので、見かねたご近所さんからの通報で
親戚とか民生委員とか地域包括センターの職員とかが来たのだが
冬場とはいえ常温で2週間放置した黒豆を突き出され
「食べなさい」と言われたら、誰もいとこを注意できなかった(もちろん誰も食べなかった)
ようやく警察も呼ばれたが、当然黒豆は食べずに「捨てなさいよ」と勧めたので
祖母は「アンタもアタシが死ねばいいと思ってるのね!」と大暴れ
結局「祖母の鍋釜は全て始末、二度と料理をさせない。
作ったら責任とって食べ終わる」との誓約書に
親戚と民生委員が署名して(第三者が不可欠といとこが主張)、黒豆は鍋ごと廃棄された

一件落着とうちにも連絡があったので、預かっていた食材を返そうとしたが
「食べられるならどうぞ」とのことだったので、お礼を言って美味しくいただいた

71: 修羅場まとめ速報 19/01/16(水)23:08:40 ID:8Lz
どのあたりが「笑える」部分?

引用元: ・笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4





このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年06月08日 09:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事