うんざり
784: 修羅場まとめ速報 2017/04/03(月)14:31:29 ID:Bgc [1/1回]
職場のすぐ上の先輩が年齢が近い唯一の同性ということもあるのかいろいろ気にかけて声を掛けてくれる。






それは非常にありがたくて普段は困ったこともないけれど、なぜか私の拒否や否定を受け入れてくれない。

例1
先輩「総務に(頻繁に提出する届けの用紙)を取りに行くけど私ちゃんの分ももらってこようか」
私「このあいだもらってきたばかりなので大丈夫です」
先輩「(無言でうなずく)」
―しばらく経って―
先輩「はい、私ちゃんの分」
私「えっ、まだストックあるので……半分だけいただきます」
先輩「まだあったの?」

例2
先輩「俳優Aの奥さんって女優Bだったよね?」
私「さぁ……Aのこと自体、私よく知らないんです」
先輩「Aが○○に出てた時にBと共演してなかったっけ」
私「○○も見てないので……」

最初の頃は遠回しにやんわり拒否・否定していたので勘違いされたのかもと思い、
例1なら最初の返答で「私の分はいらないのでもらってこないでください」
例2なら「私に聞かれてもわからないので他の人に聞いてみてください」とはっきり答えるようにした。
それでも数回はあまり効果がなかった。
でも不要なものは受け取り拒否したり、「わからないので他の人に」を繰り返すうちに最近になって
「私ちゃん私(先輩)に最近冷たいよね」と愚痴をこぼされた。
私だってきつい物言いをしたいわけじゃないんだけどなぁ。
普段の仕事や雑談ではごく普通に会話するんですけどね。

785: 修羅場まとめ速報 2017/04/03(月)14:35:16 ID:dId [4/13回]
>>784

そういう人は単に人の話聞いてないんだよ
軽く流してしまったらいいと思う
俳優さんの話とか噛み合わなくたって仕事に支障ないんだしさ
適当に「さぁ~どうだったでしょうね~」とか言っとけばいいじゃん

引用元: ・スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part66





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年04月01日 14:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事