pet_cat_sit
565: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)23:16:30 ID:jch
※動物の事故の話です。
気分を害したらごめんなさい。初めて書くからおかしい所があったら申し訳ないです。
車で帰宅中、大きい交差点の真ん中でなんかバタバタ動いていた。轢かれた猫だった。






交差点のど真ん中で遠目に見ても動いてるのがわかる位、バタバタしてた。明らかに助からなそうな怪我をしているのも見えた。
普段から轢かれて死んでしまった動物を見かけたら、道路緊急ダイアルに電話している。そこから市役所に連絡して、片付けをしてくれるそうだから。でもこの日はすぐに電話する事ができなかった。まだ生きていたから。

566: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)23:18:06 ID:jch
つづき
「助ける?」と頭によぎったけれど、あんなに苦しんでバタバタしている状態の子を抱き上げる事、正直怖かった。助けたい気持ちもあるけれど、それ以上に怖い、触れないかもって気持ちが強かった。それは生きていても、死んでいても。

567: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)23:19:30 ID:jch
つづき2
しばらく葛藤したけれど、せめて…と思い緊急ダイアルに連絡。事細かに場所を伝えた。どうせ死んでしまうなら、どう処理されるのかわからないけれど、片付けてもらった方がいいと思って。自分の目に届かない場所にやってほしいって気持ちがあった。
電話の最後に「これからすぐに来てくれるんですか?」と聞いた。この日は金曜日の夜、市役所への連絡が平日の昼間になるそう。2日間もこの暑い道路で交差点のど真ん中で、晒され続ける猫が可哀想になった。電話を切ってからはもう大号泣しながら、怖い怖い言いながら交差点へ戻った。

568: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)23:20:58 ID:jch
つづき3
生きていてもどうしたらいいのかわからない、正直な気持ちは死んでしまっていて、その亡骸を埋めてあげよう、そんな気持ちで向かった。助けてあげようって思っていた気持ちはほとんどなくて、なんでだか必死に猫の所に向かった。
交差点についてからはめちゃくちゃ時間かかったけど、なんとか猫を抱き上げて端に寄せた。手袋してビニールとかダンボールとか駆使した。その後は主人と(職場がすぐ近く)穴を掘って埋めてあげた。

569: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)23:22:48 ID:jch
つづき4
主人にはちょっと褒めてるっぽい事言われたけれど、実際は全然褒められる事ではなくて。だって息がないといい、そう思ってしまったのは事実で、優しい気持ちでやったわけではなくって。なんだか猫に申し訳ない。つい最近の出来事で、ずっと引きづっている。猫さんごめんよ。

574: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)07:24:42 ID:ub8
>>569

> 優しい気持ちでやったわけではなく
優しいよ。熱いアスファルトの上から避難させたんだから。
あなたは自分に出来る精一杯の事をした。それでいいんだよ。
申し訳ないとか気持ちを引きずっても猫は還ってこないし、逆にあなたを心配してあちらに行きづらくなるかもしれない。
今は冥福を祈るだけで十分だと思う。

576: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)08:07:21 ID:VrN
>>569

猫がバタバタするのは、痛みを変なものが付いたと思うから取り払おうとして暴れるんだよ
うちの猫も全盲だからよく壁にぶつかるんだけど、鼻をすりむくと必死で毛づくろいしたり
顔振ったりして取ろうとする
今まで道路で倒れてる猫を3匹保護した経験から言えば
死んでるように見えても気絶してるだけだったりして結構丈夫なんだわアイツら
獣医に「今夜が峠」って言われるほどの大けがしてた子も今はぴんぴんしてるもん
色々と後遺症は残ってるけど、それを感じさせないくらいの暴君に育ってしまって手を焼いてる
大けがしてるからって甘やかしすぎたのよね
つまり暴れてるならまだ助かる可能性があるから次は病院に連れて行ってあげてほしい
でも経済的に厳しいとか猫を飼える環境でないなら別に無理しなくていい

>どう処理されるのかわからないけれど
摘まみ上げてポイだよ。そのまま燃えるゴミと一緒に処分される
だからわざわざ穴を掘って埋めてあげた行為が一番優しい
しばらくは引きずるだろうけど、何もしなかったことを後悔するほうがしんどい

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板64




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年10月12日 10:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事