a79ac65a32085205111e1f803158b2cb
207: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 00:56:07.22 0.net
ずーーーーーっと勝手に叔母だと思ってた育ての親が、亡くなった母の単なる幼なじみだった。

両親が生きてる頃からみんなで旅行したり、母が入院中に家事をしに来てくれたり、小さい頃の母と一緒に写ってる写真とかいっぱいあったから勝手に母の妹だと思ってた。






身内でもない幼なじみの五歳児を面倒みてくれて大学まで出してくれた育ての母。
初めて知った時はショックとかではなく、本当にただただビックリした。

知った時は心臓がバクバクして息が詰まったけど、育ての母は「えー?知らなかったの?」とあまりにもサラッとしてて1人で頭の中が修羅場ってた。

208: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 06:12:19.17 0.net
>>207

育てのお母さん良い人だね

209: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 07:06:09.29 0.net
てか、どういう意識というか、考え方でそういうことになったんだろうねえ。
育ての母ちゃんにそこまでさせるとは、
>>207
の亡くなった母ちゃんてすげぇなw

210: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 10:19:21.53 0.net
パシリ奴隷だったのかな

211: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 15:41:57.60 0.net
ゲスいことが言えねーのか低脳どもめ
いい人に育ててもらえたみたいでよかったね。

213: 207 2016/12/22(木) 22:15:40.61 0.net
育ての母が叔母じゃなく他人だった者です。

物心ついた時にいつも一緒にいたので勝手に身内だと思い込んでた。
育ての母が、母よりも童顔で背が低いから勝手に妹と思ってた。

母方の祖父母、父方の祖父はすでに他界してて父方の祖母は、私が生まれた時から入院してて両親が亡くなった後にも育ての母はよくお見舞いに連れて行ってくれた。
その時に祖母は「あなたが引き取ってくれなかったらこの子は施設しかなかった。ほんとに感謝してる」と育ての母に言っていた。

その祖母も両親の数年後に亡くなったので、私の身内は後は叔母しかいないんだーと思ってたら叔母も身内じゃなかった。
しかも妹と思ってたのに母より歳上だったw
育ての母は、私が理解してると思って特に説明もしたことないかも?と言ってたw

パシリ奴隷とか、そこまでさせるとか言われてますが交通事故で両親が亡くなった時、近しい身内が入院中の祖母しかおらず、もう施設しかないと話が出てた中、
育ての母が「施設に入れるぐらいなら私が面倒見ますよ~親友の子供だし」と名乗り出てくれ育てるのは他人だけど、あの両親の子供だと自覚を持ってもらうために養子縁組もしなかったそうです。

未だに育ての母が独身なのは、きっと私が原因の一つであることは間違いないから、一生かけて親孝行していきたいと思ってる。

214: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 22:19:57.36 0.net
>>213

泣けるな。
孫の顔見せてやれよ。

215: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 23:21:19.52 0.net
>>213

仕事で大失敗して
心が冷え切っていた俺を「ほっこり」と泣かせるなよ
このぉ~っ!wwww
育ての母ちゃん大事にしてな

216: 名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 23:34:19.16 0.net
>>213

いい話すぎるぜ

218: 名無しさん@HOME 2016/12/23(金) 06:22:47.68 0.net
>>213

とりあえず明日はケーキだな

219: 名無しさん@HOME 2016/12/23(金) 11:23:50.15 0.net
>>213

いやいや、子連れの結婚なんて普通にあるし、本当に間違いないの?
元々色々あって結婚したくなかったのかもよ
一生独身で一人だと思ってたのに、家族がもてて幸せかもしれないよ

217: 名無しさん@HOME 2016/12/23(金) 00:16:53.22 0.net
その育ての親の気持ち解るな。
小さな子供って、大人にそうさせる何かを持ってるんだよ。本能で保護してあげたくなるような何か。
例えば動物の赤ちゃんて、どんな種でも可愛いと思えるように、そう作られている。
と言っても、血の繋がらない赤の他人にそこまでしてあげられる人はめっっったに居ないけどね。

引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £120




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年07月09日 19:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事