bg_hospital_chiryou
709: 名無しさん@おーぷん 2018/03/20(火)10:20:17 ID:6Qj
私の実家では父方の祖母と同居している(祖父は鬼籍)
同居開始して数年で祖母は認知症を発症し、
看護師の母がメインで介護しつつジワジワ進行していってた。

ある時首に腫瘍ができ、
良性だから年も年だし手術はしないとの本人の希望もあって
手術しないことになった。
入院すると認知症も進行しちゃうしね。






しかしそれがいつしか悪性となり、
さらに高血圧も相まって手術は出来ないとなってしまった。

肺に水が溜まったり高血圧の発作で苦しんだりと、
もういよいよお迎えも近いとなって
かかりつけ医からも危なくなったら必ず自分を呼ぶようにときつく言い渡され
家族もみんなその時が来る覚悟をしていたが…

祖母本人は進行した認知症のせいで、
苦しかったことは喉元過ぎればケロッと忘れており
あちこちガタが来ているはずの体にも自覚症状がない。
そのまま数年。
認知症はさらに進行したし、ガンや高血圧以外の病気はちょこちょこあるが、
未だに元気に過ごしている。

病は気からと言うのは全くの精神論ではないと言うのが衝撃的だった。

710: 名無しさん@おーぷん 2018/03/20(火)16:27:28 ID:0os
>>709

高齢者の癌の進行は遅いんだよ。
高齢者はある日突然、ガタっと体調を崩したらあっと言う間だから
油断しないようにね。

病は気から
ストレスや不安があったりすると、持病(喘息とか)が悪化する。
夢や希望のある人は驚異的な回復力を見せたりするんだよ。

711: 名無しさん@おーぷん 2018/03/20(火)20:29:54 ID:6Qj
>>710

レスありがとう。
高齢者の癌進行が遅いのは知ってるよ。
医者から覚悟するように言われた時が"ガタっと体調を崩した"時だったんだよね。
発作を見てた妹と父はオロオロするだけで、
母が看護師じゃなければもう祖母はこの世にいなかっただろうなって思ってる。
それが3年前くらいかな。
もう祖母も98歳になったし、
年齢的にも体力的にも癌治療は不可能で
何もしていないのに何故かピンピンしてる。
もちろん認知症はどんどん進行してるからもう母のこともわからない。
わかるのは父のことだけ。
それでも自力でトイレで排泄できて、食事もとれてるからすごいもんだよね。
わからないってだけで癌にやられないとは思いもしなかったよ。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月16日 19:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事