gatag-00012037
790: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)06:10:22 ID:lFU
姪っ子を預かる事になった
小さい頃は良かったが高学年になるとオジサン的にはちょっと色々怖い
さらに追い打ちで偏食で食べられないものが多いと言われてガクブルしてたんだが
取り敢えずメールを確認して材料買って来てからもう一度確認したら
食べられないものリストだと思ってたものが食べられるものリストだった






これ以外は食べられないとか無茶言うなと言う内容だが
もう知らん嫌なら食うなと言おうと作って出したら
「おいしいおいしい」とおかわりまでした
おや? と思いつつ弁当渡したら完食してた
朝晩しっかり食べる 弁当の日は3回あったが3回とも完食
おいしかったと言われる
あれっ? と思っていたが、姪っ子の食べられないものが判明した

姉の料理だった

この事実をどう姉に伝えたら良いのだろう
取り敢えず週末までは預かる事になったんだが
姪っ子は帰りたくないと言っている
姉旦那は普通に食ってるらしい
俺にいったいどうしろと 神よ

791: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)07:04:29 ID:2qh
料理を教えるとか?
姪自身に教えてもいいかも。

793: 名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木)12:23:28 ID:ab8
>>790

味付けが大人用(父の酒のアテ用なので濃い)で嫌いだったことがあるよ
(魚の煮付けとか味噌醤油煮込み系)

味付けの濃さがあわないんじゃないかな
もしくは健康志向で異様に薄味とか

810: 790 2017/12/23(土)19:13:42 ID:Kg2
姉の料理が食べられないから帰りたくないと
姪っ子に言われて修羅場ってたものですが
原因が判明しました
うちの母が元凶でした

姉が結婚する時には母はもう60だったんですが
そのせいで高血圧対策、糖尿病対策で病院食のようなものを食べてて
それまでまったく料理をしたことなかった姉に
老人向け半病人食を伝授したようです
医者からきつく言われていたようで

さらに健康のため黒酢を飲んでいたため何にでも酢を入れていて
塩=悪 砂糖=悪 酢=健康に良い 野菜=健康に良い
と言う状態で教え レシピを再現する際も塩は減らさないと高血圧になる 
砂糖は減らさないと糖尿病になる
子供は体が小さいから半分で良い そうしないと病気になる
などと教え込んでたようです

あと、これは母が教えたのではないですが 
化学調味料は悪も実践していて
顆粒の出汁の元も悪として使ってなくて
正直、絶対食べたくないものでした

お母さんのご飯で何が一番好きか聞いた答えがシーチキンご飯で
これがシーチキンにマヨネーズ加えてご飯に乗せたもの
コレは健康に悪いと思わないのか?と尋ねたら
魚は健康にいい 魚の油は健康にいい と答えられた

とりあえず料理の特訓をしてもらう方向で
来週いっぱいまで姪っ子は預かることになった
出来る範囲で料理を仕込もうと思う

ただ、姉旦那が、なんか、会社の帰りに毎日顔出すとか言ってる
正直勘弁して欲しいのだが

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その24】




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年01月01日 00:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事