N112_sonnabakana_TP_V
267: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)09:18:57 ID:ePL
高校の修学旅行でアレルギーを発症したこと。

元々アトピーで生卵とか乳製品を食べると
ちょろっと蕁麻疹が出て、痒い思いをしていた。
高校生の頃には、体も大分強くなったのか
ほとんど出なくはなってたんだけど、
環境が変わったときとか、体調が微妙なときには出やすくなるから申請必須だった。






高校の修学旅行でもその2つのアレルギーはちゃんと申告していて
除去食をわざわざ別に作っていただいていた。

にもかかわらず、出た。
2日目の夕食後、全身に蕁麻疹と呼吸困難。
吐き気もあったけど喉が塞がってて吐くに吐けなかった。
廊下でそんなことになったから、一緒にいた友達がすぐ担任を呼んでくれた
(というか悲鳴で駆けつけてきた)みたいなんだけど、担任もパニクってたみたい。

あとで友達に聞いた話だと、
副担任(学年主任)と保健医もすぐきてくれて、
私の意識確認とかしていた、らしい。
「エピペン持ってる!?」って質問にも
一応首を振って答えてたらしいけど覚えてないw
これまで軽い蕁麻疹はあっても
そんな派手なアナフィラキシー起こしたことなかったから
エピペンなんぞ持ってなくて結局救急車呼ばれて病院にかつぎこまれた。
色々処置されてやっとまともに意識が戻ったときには深夜になってましたorz

お医者さんいわく、体の外側だけでなく気道にも湿疹ができてて、
処置が遅れていたら危なかったらしい。あとで聞いて震え上がりました。

で、アレルギーの原因。海老と生魚でした。
これまでその2つでアレルギー出たことなかったから心底たまげた。
大人になってからアレルギーが発症することがあるってのは知ってても
まさか自分が、しかもよりによって修学旅行先で
新しい食物アレルギー発症するとは思いもしなかったよ…。
危うく、地元(日本の西端)じゃなくて旅行先(日本の東端?)で、
家族もいないなかで死にかけるとは。
結局3日目のご飯はみんなが美味しいもの食べてるなかお粥だったしね!
そりゃそうだよね!こんちくしょう!私も美味しいもの食べたかった!

でもこれほとんど意識がなくって復活してから現状を認識した私より、
ちゃんと除去食作ってたのにアレルギー発症されたホテルのレストランの方と、
先生たちの方が修羅場だったかも?
大変ご迷惑をお掛けしました…。

あ、今でも海老と魚食べられません。
呼吸困難までいくのは少ないけど
うっかりエキスの入ったスープなんぞ飲んだ日には全身蕁麻疹+吐き気コースです。
エピペンは一応常備してるけど
うっかり食べないに越したことはないので外食できませんorz

皆さんも、大人になってから出るアレルギーはまじで突然なのでご注意くださいませ…。

268: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)10:34:09 ID:SuP
>>267

>ちゃんと除去食作ってたのにアレルギー発症されたホテルのレストランの方と、
>先生たちの方が修羅場だったかも?


だろうね…
でも267さんも命の危険もあったわけだしほんとお疲れ様

でも最初は過去に料理長だかなんだかが勝手に「アレルギーは甘え!」ってわざとアレルゲン料理出したって話あったから
そっち系かと思ったわ

269: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)12:44:57 ID:ePL
>>268
本当にホテルの方と、先生方には申し訳ないことをしました。
特にホテルのかたは間違って混入させてしまったのか
気が気じゃなかったと思います…。
無事回復してホテルに戻ってから、
先生とレストランの方にお騒がせしましたということで一応お詫びにはいきました。

先生方には高校に遊びにいくたびにネタにされますw
でも、私のその騒動がきっかけで、
旅先でアレルギー申請していなかった生徒や
除去食を食べていた生徒が急にアレルギー発症したときの
対応マニュアルが改めて作成されたそうなので
無駄に騒がすだけの騒動で終わらなくてよかったです。

>アレルギーは甘え系の話
確かに書き方が前半そんな風に見えますねw
ちゃんと対応はしていただいていた上での不測の事態でした。
故意ではないとはいえこんな騒動でご迷惑をおかけしたにもかかわらず
翌年以降も同じホテルが後輩たちの宿泊先として受け入れてくださっているそうで
感謝してもしきれないですね。

後輩たちが私みたいにならずに
毎年旅行を楽しんでくれているなら嬉しいな~と思います(笑)



引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その24】




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年11月07日 18:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事