TAKEBE160224020I9A0351_TP_V
248: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)14:15:38 ID:1U3
私は母親に「お母さん」と呼ぶなと言われ育った。
幼稚園の卒園式後に、
「もう"お母さん"やらないからお母さんと呼ぶな」と言われたのを、
三十路になった今も覚えてる。
姉達もそう言われていたそうで、
私が卒園した日から我が家から「お母さん」という声は消えた。
母を○(名前)ちゃんと呼ぶように言われた。






とっさにお母さんと呼んでしまうと「もう"お母さん"辞めたんだから!」と不機嫌になるので、
怖くて割とすぐに呼び慣れた。
ただ、外でもそうなので、他の保護者や友達の前とかではかなり恥ずかしかった。
PTAや行事なんかの保護者としての仕事はしていた。家では放置に近かったけど。
甘えた時に「こっち来ないで・くっつかないで」と突き放されたり、
「好きで産んだんじゃない、
(父)に土下座で頼まれたから仕方なく産んでやったんだ」
みたいな事を普通の会話で言われるようになった。
「あんたは拾い子」系の冗談も何度も泣くまで言われた。
父の暴力からも守ってもくれないし、
学用品購入もウンザリな口調で文句をいわれ「金食い虫」呼ばわりだった。
食事も手抜きに。
親達が刺身盛り合わせ・肉・おつまみで、子供はエノキの出汁煮だけとか。

姉が既婚者と不倫をした時、中絶した時、
バカみたいに応援して協力していたのを見た時は、
本当に親を辞めてたんだな〜と思った。
保護者ではあったけど、親子という関係を嫌っていた。


そんなお母さんアレルギーの母が、
・叔母(母妹)の火葬直後に従姉妹達に向かって、
「これからは私をお母さんだと思ってね・お母さんだと思って甘えてね」
と無神経にデカい声で宣言した事
・母が発言した瞬間に、スタンド?で固定されていた葬儀用のデカい花飾りが
突然バターン!と倒れた事
・そして(亡くなった叔母さんが怒った!頑張って母を祟って!)と
瞬時に祈った自分に衝撃だった。

250: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)15:34:42 ID:zkg
>>248

母親が怖すぎる…
なにかあったとしかおもえないんだけど

254: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)21:22:37 ID:1U3
>>250
小学生時代から愚痴聞き役になってたから色々聞いた。
祖母は母を搾取用、叔母を愛玩用として育てて差別が激しかったらしい。
叔母には甘々だけど母だけ色々と暴力受けたり、
家事は母がやらされたり、貯金取り上げられたり金銭的な搾取もされてたと。
実際、従姉妹はメタメタに愛玩して私姉妹は孫イビリされてたから納得。

そういう所からのお母さんアレルギーなんだと思う。
「お母さん」=嫌な存在って。
母は姉を間違った方に愛玩、
私は搾取対象にしてたから結局同じような物なんだけど。
とはいえ、母のは愛玩とは言っても、
お母さん辞めてるから友達みたいな関係だったな。

301: 名無しさん@おーぷん 2017/10/23(月)11:21:34 ID:6EY
>>248
ですが、
書き込み後からポツポツと記憶の彼方から色々蘇ってきて、
今更衝撃受けてるので投下。

・母は祖母を嫌悪、でも祖母宅の近所に引っ越し。
裏で愚痴言いながらもお金を貸し、頻繁に顔を出し、
私に自宅、祖母宅二軒分家事をさせる。
が、介助が必要になってくると完全無視し亡くなるまで従姉に丸投げ。

・叔母とは表面上ベッタリで、そっちにも頻繁に顔出し。
しかし叔母が余命宣告を受けると完全無視。
会いたいと泣く叔母に最期まで会わず。

・姉とはベッタリ母子。姉の不倫も中絶も協力。借金も肩代わりし叱らず。
しかし不倫男妻に不倫バレすると、姉を気持ち悪いと言い捨て完全無視。

と毎回裏で私に愚痴吐きながら金と労力使ってからの縁切りパターン。
貯金もう無いとか嘆いてたのに、
私が逃亡してから姉と仲復活してたのは笑える衝撃。
子供は男が欲しかったそうで、
最後の私が女だったから 私 にガッカリしたと言っていた。それ私の所為か?
でも姉が不倫男の子供産んで、その子供が男の子だったから
きっと幸せにやってるんじゃなかろうか
二回中絶してそれでも避妊してなかった姉にも衝撃だったけど。

父親はアル中で暴力、
自称鬱の分かりやすい毒親だったから特に衝撃は無かった。
他にも細々有るけど、地味に衝撃だったのは、
絶縁して10年、母や姉の事や過去の事はキレイさっぱり忘れてた事。
昔は「自分に子供が出来たら連鎖してしまうんじゃ…」と考えた事もあったけど、
忘れてたから全く悩まず気にせず、子供3人育てる普通の母親やってる。
親になって、ますます母が理解不能なので、
脳の構造が違うんだろなって結論づけて終了。

お母さん辞めたんだから親じゃないわけで、介護も冠婚葬祭も完全スルー予定。
借金だので世話になった姉が何とかするんじゃないかな。
お互い連絡先知らないからいつ死んでも分からないので、
相続放棄の時の手続きが面倒そうなのも衝撃。

長々と失礼しました。


引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年10月24日 14:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事