006a
902: 名無しさん@おーぷん 2017/09/18(月)14:00:26 ID:kts
書き逃げ。
フェイク混ぜつつ。

私は東日本大震災の時に大津波が来た場所に住んでいた。
当時私は大学生で弟は高校生。

この弟がゴミで、私の部屋に無断に入って
サイフから金は抜くわ友達の形見の手紙を燃やすわ散々だった。
両親にはいい顔しいで、私の訴えは盛って話してるとかで相手にされなかった。
また、両親は弟が可愛いらしくてずーっと弟の味方をしていた。






一人暮らしをしようと思っても奨学金の書類に両親はサインしてくれず
バイト代だけでは暮らしていけないので渋々家から通っていた。
(自室に鍵をつけてもぶち壊されて入られるのでどうしようもなかった)

ルームシェアしようと思っていた友達にも両親は文句を言いに行ったりするので
家から脱出出来なかった。

そして、大震災。
私は距離がある大学に通っていたので車の免許とボロい中古車を所持しており、
津波のサイレンが鳴り響くなか私はすぐに飛び乗った。

その直後、弟が車に走り寄ってきてドアをガンガン叩いて
「乗せろ!」と叫んでいた。(癖でドアロックをかけていたので、開かなかった)

その瞬間、今までやられてきた仕打ちが
頭にぶわぁっと蘇ってきてドアを開かずに走り去った。
あの時の弟の表情は今でもはっきり覚えてる。

私は無事に高台に避難できて両親も無事だった。
弟の遺体は見つからない。

今は両親とも離れ、年が離れた旦那と静かに暮らしている。


引用元: ・本当にやった復讐 3




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年09月25日 00:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事