img_1
46: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/30(火) 12:33:49 ID:y36RH2r+
小学生のとき、夜中に車が玄関につっこんで逃げていった。
その後に2回つっこまれたが、毎回犯人は逃げてしまい、つかまらなかった。





その他にも家の前の電柱に車をぶつけて
折れた電柱がうちの屋根を直撃した件と、
うちの壁に車をこすって壊した件では
それぞれ「ここに電柱or壁があるのが悪い」
と犯人が怒鳴り込んできて怖かった。

もともと直線で見通しがよく広めの二車線道路なのだが、
区画整理で更に広くなった今も
年に1度は近所で同様の事故が起こり、犯人が逃げたり逆ギレする。
5年に1度くらいそういう事故による死人も出る。

また、近所の住人も病的で怖い。
一部例として、実家の右隣が代々糖質の血筋、
左隣には事故による知的障害の夫、向かいに引きこもり高齢息子、
斜向かいは夜逃げ、反対の斜向かいは姑が嫁による虐待死…等。
実家は祖父母も両親も比較的若くして他界してしまった。
どんな家庭にも多少の不幸はあって当然だけど、地域全体が病的な気がしてならない。

そんな実家をいま売りに出している。

54: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/02(木) 10:02:03 ID:LEgt9gzT
>>46

血が濃い地域なんじゃねーの?
近場の人を嫁さんにするからだろ。

59: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/02(木) 23:37:25 ID:1uga3Flz
>>54

回りがみな遠縁、みたいな地域じゃないから怖いんだよ。
でも、もしかしたらそういう血の濃い家系が多いかもしれないな。
街道筋の商家ばかりで数百年来、代々住んでる家が半分くらいあるから。

ちなみに実家もそこそこ歴史はあるんだが、何代も子どもに恵まれず
遠方の商家の末っ子や農家の子、拾った孤児を養子にしたこともあると聞いた。
自分と血が繋がってるのは元は貧しい漁師の子だった曾祖父からだ。

引用元: ・怖い話@生活版Part16




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年09月18日 13:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事