pyukaIMGL4774_TP_V
261: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15(水) 12:30:03 ID:VdjUWpR7
昔、女一人旅で奈良に行った時の話。
奈良駅付近のある社寺を巡ろうと歩いていた。その辺は住宅地で昼間でも車や人通りが
少なかった。途中、道路の反対側に食堂があり、客らしき人が中にいて外に車が停めてあった。





それから1〜2分後、後ろから超スローで車がついてきた。ふと見ると軽が私の歩調に
合わせるように走ってる。気持ち悪いので知らん振りしてたらウィンドーを開けて
中から男が「乗っていきませんか?」
その声が本能的にきもかったので私は目もくれず逃げるように早歩きをした。
車は後をついてくる。「やーん、こわーい」と思ってたら前方から老夫婦が歩いてきた。
その先は道が旧道に分かれていてその細い旧道は地元の人や観光客がけっこう歩いて
いたので私は走ってその旧道に逃げた。

262: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15(水) 12:51:52 ID:VdjUWpR7
歩いているうちにその不審な車のことも忘れて私は目的のお寺を拝観して
日が暮れかかる頃にまた駅に向かって歩き出した。帰りもさっきの旧道を通って
歩いていたら、後ろからクラクションが聞こえてきた。
嫌な予感がして振り返るとそこにはさっきの軽が。
運転席の男は怒っているような顔だけど西日が強くてわからない。
怖くなった私は小走りに人のいるほうへ人のいるほうへと逃げた。
なんだか怖くてたまらず心臓の動悸が止まらない。
有名な池が見えて来て、後は駅に向かう商店街へ通じる小道だけなのでほっと
した私は後ろを見たがそこにはもう車はなかった。それもそうで、一通の逆方向
なので車は入ってこれない。私はほっとした。次の瞬間、目の前のT字路に軽が
猛スピードで突っ込んで来て、音を上げて曲がったかと思うと駐車場に入っていった。
私は心臓が止まりそうになった。ナンバーはさっきのあの車だった。
まもなく、その駐車場からエンジンを空ぶかしするすごい音が聞こえてきた。
恐る恐る見るとその軽が全身で怒りを表現するかのように車体を揺らしながら耳障りな
エンジン音をたてていた。
私は本気で怖くなり、足が震えた。殺気というのはこんなものかと思いながら
車の通れない小道を走って逃げた。

男の親切を断っただけでここまで怒り狂うものなのでしょうか?
今はただあの時車に乗らないでよかった、無事でよかったと思うばかりです。

263: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15(水) 13:20:59 ID:iABaDYQJ
>>261

何も無くて良かったね。
怖すぎ。
でも最初にその車に乗ってたらきっともっと大変なことになってたよ。

264: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15(水) 13:21:54 ID:ptqpFC60
>>261

昔どこかに書き込んだ?
見たことがある内容ってか、ほぼ同じだから
もし別の人ならその男常習犯

266: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15(水) 15:23:49 ID:VdjUWpR7
>>264

それ私です。
このスレ見てて久しぶりに思い出してついカキコしてしまいました。。。w

女の一人旅は気をつけてもらいたい気持ちで一杯です。

引用元: ・怖い話@生活版Part15




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年09月09日 23:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事