gatag-00008659
164: 本当にあった怖い名無し[] 2010/08/15(日) 05:00:27 ID:XR8JE9pu0
保守あげがてら、自分の体験談を書いてみる。
いい話かどうかは別として。






4年前、叔父が亡くなった。
板金工だったんだが、彼はとにかく海が好きな人で
「職業上、雨が降ったら仕事にならない。晴れた日は海に行きたいからやっぱり仕事にならない」という
ハメハメハ大王の再来のような人だった。

死因は脳溢血。孫娘の初節句に、貝のお吸い物を作るとかで潮干狩りに行ったものの、
貝を捕っている途中でプツンといってしまったらしい。
潮干狩りも彼の好きな遊びだったけれど、まさか死ぬまで潮干狩りをするなんて誰も思っていなかった。
あまりにも突然のことだったので、葬儀に参列し、納骨まで立ち会ったけれど、どうもピンとこない。
多分、家族の方も同じだったと思う。

叔父の死から2年くらい経ったある日、夢の中に叔父が出てきた。
夢の中の叔父は、海の浅瀬にくるぶしまで浸かって立っていた。
私に気がつくと、叔父は「よぉ、○○(私の名前)」と生前と変わらないゆる~い口調で私を呼ぶ。
あんまりにも生前と変わらなかったからか、夢の中の私は彼が死んでいることなんか忘れて近づいていく。
でも、近づくにつれ違和感を感じた。叔父の背が妙に低い。146センチの私よりも明らかに低い。
妙に思った私は「叔父さん、なにやってんの?」と聞いた。すると叔父はひとこと、恥ずかしそうに答えた。
「妖精やってるんだわ」
ああ妖精ね。妖精だったら身長が低くても仕方ないわ。夢の中の私は何故か納得してしまった。
そこで目が覚めた。
まさか死んだ後も海で遊んでいるなんて思いもよらなかった。しかし目が覚めた私も納得した。
叔父は海の妖精になったのだ。

その話しを叔父の息子(私のいとこ)に話したら彼も納得した。
多分、叔父は今でも妖精の姿で海にいるのだと思う。
でもお盆くらいは家族の元に帰っておいでよ。

165: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/15(日) 07:20:01 ID:9mUeI5L70
おじさん、良い人生を送ってるんだね
羨ましいわ

166: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/16(月) 17:40:22 ID:QrKHcsAA0
何の妖精やねんwとツッコミたいところだが
叔父さんが幸せな第二の人生?を謳歌しているならいっかw

167: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/16(月) 20:28:09 ID:++voZAgS0
小さいおっさんの妖精・・・
やばい、別の物が頭に浮かんでしまうwww









みんなでうれしく ショッピング~♪

168: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/17(火) 01:25:59 ID:1xD7LR0B0

こういう頭のおかしいのが来るからスレが過疎ったんだよ

みんなちゃんとお盆はお墓参りに御霊送り、したのかね
生きてる自分の欲だけ追って、何にも努力も精進もしない馬鹿には罰しか当たらないぞ

169: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/17(火) 12:39:27 ID:3GmDF2XY0

お盆。以前いろいろ心霊体験もあったけど。ここに書くほどでもない。

ひとつ決めたことがある。「困ったときだけ神頼みはしない。」

それは卑怯だよな。

引用元: ・◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇

関連記事

【衝撃】友人A子と2人で遊んだ時、A子に鞄の中に入れてたゲームカセットを盗まれた。→翌日、A子に一枚の手紙を渡され「妖精さんのせいなの。私のせいじゃないの」私「(゚д゚)」



このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年08月12日 15:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事