gatag-00011135
221: 名無しさん@おーぷん 2017/05/18(木)11:10:47 ID:gTG
ずいぶん昔の話だけど、
大学時代の友人が電車の飛び込み現場に遭遇してしまった
ニュースにもなってたけど、その駅には止まらない電車だったから
飛び込んだ人もバラバラになってしまって、友人もそれを浴びてしまった





気づいたら友人は大学に来なくなってしまって、電話番号やアドレスも変わって
連絡も取れないまま、下宿も引き払ってどこかに行ってしまった


それからだいぶたって、俺の就職先の町でその友人に再会した
同い年くらいの女の子と焼肉屋で肉をもりもり食べてた
「あ」って声出したらこちらに気がついて、ずいぶん気まずそうな顔をしてた
彼女連れみたいだから、その場では挨拶程度に会話をして
「Facebookやってるから声かけてよ」と言って別れた
後日Facebook経由で友人から連絡があり、連絡先をもらって飲みに行った

当時の事情を聞いたら、
本人は事故を見ても幸いトラウマめいたものにはならず
直後にも肉を平気で食べられるくらいだったんだけど、
親や親戚が「この子はきっと心に深い傷を負ったはず」と
毎日のように下宿に襲来し
素人かぶれのカウンセリングをしてきたもんで、
うんざりして大学を辞めて
当時遠距離恋愛中の彼女(社会人)のところに転がり込んだそうだ
めんどくさいから携帯も解約してしまって、当時の人間関係はなくなった
俺と再会したときには親や親戚とそれなりに和解して、一度は地元に戻ったけど
変な気遣いで肉を食べさせてもらえない生活にうんざりして、
新天地(俺の就職先)に脱出して新しい生活を始めてた
(一緒にいた子は新しい彼女らしい)

という話をしながら、友人はユッケとか塩辛とかもりもり食べてたので
本当にトラウマにはならなかったか、克服してたんだと思うw

確かに俺も当時は「きっと事故でトラウマを抱えたんだろうな」って思ったから
親や親戚がそう考えたのは不自然じゃないけど、
事故から十何年たっても本人の主張を聞かずに
「この子は肉を食べられないはず」という思い込みが継続してるのはすげーなと思った

関連記事

【悲しい】姉の子供と旦那が交通事故で死んでしまった。告別式の朝…母「大変!!姉ちゃんが息子くんと一緒に消えた!!」俺「え!?」→姉はとんでもない事に…

引用元: ・その神経がわからん!その32




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年05月30日 14:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事