PAK66_LOVEnigiri20140301-thumb-autox1600-16839

関連記事

【1/3】中学生の頃、町立の図書館に通ってたんだけど、そこで悲壮感を漂わしている小学生と出会い、仲良くなった。初めてできた年下の友達に私は夢中になっていき…。

※記事が更新され次第リンク先に繋がります。

【3/3】中学生の頃、町立の図書館に通ってたんだけど、そこで悲壮感を漂わしている小学生と出会い、仲良くなった。初めてできた年下の友達に私は夢中になっていき…。

223: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:07:02.07 ID:sTv0KB2U0
こんにちわー
続き書いても書いても長くなる・・・
要領が悪い私です
できるだけ早く書き終えたいんだけど
思い出しながら書いてるとアレもコレもと出てきて省略できない・・・
苛々させてしまったら申し訳ないです
そろそろお出かけの準備をしなくちゃなので更新できる分だけ置いていきます






224: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 16:16:53.48 ID:VkGTFatM0
キター!!!!

225: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:20:23.69 ID:sTv0KB2U0
一度だけ、自宅付近で彼を見かけました
自転車に乗った彼が、私を追い抜いて行ったのです
走り去っていく彼の後ろ姿しか見えなかったですが、ふいに香った懐かしい彼の匂いや、
初めて見た高校の制服姿に、胸がひどく痛みました
私を追い越すとき、彼も後ろ姿の私に気付いてくれただろうか
気付きながらも、するりと追い抜いて行ったのだろうか
説明しようのない感情が私を襲いました
寂しさ、もどかしさ、切なさ、自分への嫌悪感
その場に倒れ込みたい衝動を必死に抑えて、歩みを進めました

226: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:22:01.83 ID:sTv0KB2U0
薄着になり日が高くなり始めた頃、
ついに、彼と鉢合わせました
ロビーでオートロックを解除している時、後ろから現れたのが彼でした
心臓が止まるかと思うほどの衝撃でした
片方の口角を上げて、彼は複雑そうに私を見ました
「ひさしぶり」
本当に久しぶりな彼の声に、胸がドキドキと高鳴り、チクチクと痛みました
「ひさしぶりだね」かすれた声しかでませんでした
せめてもっと可愛い声を出せたら良かった

227: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:25:27.76 ID:sTv0KB2U0
「学校慣れた?」そう尋ねながら、彼が横に並んで歩いてくれています
ただそれだけの事があまりにも懐かしく、あまりにも嬉しく思いました
昔はこれが当たり前だったんだよな、と胸が締め付けられる思いでした
当たり障りのない近況報告をし合い、二人でエレベーターに乗り込みました
私は馬鹿みたいに一人でずっとドキドキしていました

「ゆうちゃん、俺彼女できたよ」
彼が私から目を逸らし、控え目な笑みを浮かべてそう言いました

228: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 16:26:48.04 ID:Cq8XIWxi0
いいよ、いいよ。
長くなってもいいから丁寧にお願いしやす(((o(*゚▽゚*)o)))

229: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:29:42.43 ID:sTv0KB2U0
言葉が出なかった
喉元が一気に締めつけられて、息が止まるかと思いました
そんな私が上手に笑顔を作れるわけもなく
ただ「そうなんだ」と発するだけで精一杯でした
そんな時にエレベーターが私の階に到着
逃げ出したい衝動から、私はそそくさと出て行こうとしました
「なんでおめでとうとか言ってくんないの?」
彼が[開く]のボタンを押しながら言いました
「何そのリアクション」「ゆうちゃんはホッとするとこじゃん」「なんでお祝いしてくんないの?」
堰を切ったように、彼は吐露し続けました

230: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:35:30.66 ID:sTv0KB2U0
彼の怒りを含んだ声を聞いたのは初めてでした
けれど怖いとかいう感情はなくて、ただただショックで呆然としていました
しばらくの沈黙の後、
「ごめん、行って」
彼が静かな声で私を促しました
言われたままに、ノロノロとエレベーターから降りることしかできない私
エレベーターが閉まった時、ガラスの向こうの彼と目が合いました
犬みたいだと思いました
こんな時に相応しくない感想かもしれないけど
昔、哀愁を背負っていた彼をそう例えていた時のように、犬みたいだと思いました
エレベーターが事務的に上昇していったけれど、私の胸は少し綻んでしまいました
鼻の奥はツンとしていたけれど、
唇を噛みしめなければ泣いてしまっていたけれど、
彼の犬みたいな瞳を思い出して、少し微笑ましい気持ちになったのです

232: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 16:37:18.04 ID:NmxAdlopI
これなんてドラマ…

234: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:39:03.81 ID:sTv0KB2U0
ほんのりと胸が暖まったところで、一呼吸おいて冷静になれました
祝福しなければ、と思いました
でないと、彼が自分の幸せを、自分の新しい恋を、
手放しで喜べないだろうと思ったからです
ずっと好きだった私に「幸せになってね」と言われれば、
彼は私から解放されるのだろう
彼がさっき言っていた「なんでおめでとうとか言ってくんないの?」は、
きっとそういう意味を含んでいるのだろう

236: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 16:42:09.06 ID:sTv0KB2U0
「さっきは何も言えなくてごめんね
おめでとう!幸せになってね!
寂しくて、つい言いそびれちゃったけど
本当にけんごの幸せを祈ってるよ」
私は彼へこんなメールを送りました

いわゆる強がりだけど、私の方がお姉さんなんだから、これくらいどうって事ない
私が彼氏できたって言ったら、けんごは「良かったね」と言ってくれた
私に怒りをぶつけることなく、黙って話を聞いてくれた
いつも私のために強がってくれた、折れてくれた、譲ってくれた、我慢してくれた
今度は私の番だと思いました
けんごのことはとても好きだけど、笑って送り出してあげなければ

237: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 16:44:21.34 ID:W33V06UT0
素直になれなくて

243: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 19:05:20.04 ID:Vp79bvGp0
切なす…(´・ω・` )

250: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 21:35:32.11 ID:sTv0KB2U0
けれど彼からの返事は意外なものでした

「寂しかったってどういう事?」
ただその一文だけでした
この返事は予想だにしてなかったので、少し戸惑いました
でも最初で最後に、少しだけ素直になってみました

「けんごに彼女ができちゃって寂しかった
自分勝手でごめんね」
こんなメールを送った私は、きっと女の敵ですね
私が彼女だったらイラッとしますもん
でも最後だから送ってしまったのです

「なにそれ(笑)
ゆうちゃんにも彼氏いるじゃん」
彼からのそのメールで、
確かに元彼と別れた事を伝えていなかったのを思い出しました

「別れたよ」

そう送った返事は、
「でも最近ゆうちゃんとあの人が一緒にいるとこ見たよ」でした

251: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 21:39:22.47 ID:sTv0KB2U0
この返事が来たときには頭が真っ白になりました
体だけの関係の人といるところを見られたわけだから
一番見られたくない相手に見られていたなんて
自分の浅はかさを恥じました

どこまで説明すればいいか解らず、散々悩みました
体だけの関係扱いされてるだなんて、言えるわけなかった
それに私ばっかりが被害者なわけじゃない
寂しいときに彼を利用したのは私だ
かと言って、ただの友達だと嘘をつくのも気が引けて

「寂しいときに一緒にいてもらったんだ」
そう送りました

252: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 21:40:12.07 ID:NmxAdlopI
泣ける

254: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 21:41:06.12 ID:1zp3Ll1E0
うわあああああああ

256: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 21:45:36.59 ID:sTv0KB2U0
またも彼からのメールは予想外のものでした
「今から会える?」

彼からの唐突な誘いに戸惑ったけれど、
何か吹っ切れたような気もしていたので、うんと答えました

そしてロビーで待ち合わせ
切なさもあったけれど、久しぶりのシチュエーションを少し喜んでいました
エレベーターが開く音がして、さっき振りのけんごがそこには居ました
どんな顔をすればいいか解らなかったけど、けんごの顔がさっきより幾分穏やかで、
私の頬も少し緩みました
「少し散歩しようか」彼の提案で、久しぶりに図書館までの道のりを歩きました

急に会おうと言い出した彼には、きっと何か話したいことがあるんだと思いました
そしてそれはきっと彼女の事だろうと予想もついていました
笑ってお祝いしなくちゃ、と思いました
さっきできなかったのだから、次こそは、と

260: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 21:50:08.62 ID:Wm2aXLzk0
でもこれ求愛され続けてると言えるのか?

261: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 21:50:42.30 ID:sTv0KB2U0
「もうあの人に会うのやめてほしい」
彼が唐突にそう言いました
「あの人って、元彼?」「そう」
まさかこんな話だとは思いもしてなかったので、かなり驚きました
しかも彼のその言い方に、私と元彼の不誠実な関係を
読まれてるんじゃないかという不安も生まれました
「なんで?」
ずばり言い当てられるのかもしれないと思いつつも、そう尋ねました

263: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 21:58:27.48 ID:sTv0KB2U0
「寂しい時は俺呼んでほしいから」
「ゆうちゃんが俺に彼女できて寂しいって思ったのは
恋愛の意味でじゃないかもしれないけど、でも、
ゆうちゃんが寂しいって思うなら、俺はもう彼女は作らない」
「今の彼女には悪いけど、俺、ゆうちゃんの気持ちに全部応えたいって思った」
「きもい?俺きもいよなー」
彼はそう言いながらも、満面の笑みを見せてくれました
私はというと、胸がいっぱいで、
みるみる涙が目に溜まっていってるのが解りました
私は本当に自分勝手な人間なので、嬉しかったのです
こんなの、彼女さんに悪い、けんごにも悪い、解っていても本当に嬉しかった
同時に、彼に抱きしめられたあの日から続いた地獄のような日々が思い出されて
まさかこんな日が来るなんてって夢みたいに思えて
「けんご、私けんごのこと好きになっちゃってた」
思わず、号泣しながらそう告げてしまったのです

264: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 21:59:25.26 ID:6KMn79GjO
けんごの束縛ウザw

元彼寄りの意見でした

269: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 22:08:45.58 ID:sTv0KB2U0
「えっ」またあの鳩豆顔で彼が驚きました
「好きって恋愛のやつ!?」「うん」「まじか!!!」
よっしゃーーーーーーーーーと、
嘘みたいに、漫画みたいに、両方の拳を突き上げる16歳が
愛しくて愛しくて堪らなかった
なんだかホロホロ涙が止まらなくて、そんな私を見て彼は
「え?あれ?どうしたの?でも俺嬉しいし、あれ?」とアタフタし出すし、
それはとてもカオスな状況でしたw

270: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:11:38.77 ID:W7N1hTKh0
流れ的にはこれでオワリでも不思議ないんだけど、今日中無理てことはひと波乱あるんだね

271: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:11:53.34 ID:Wm2aXLzk0
でもけんご彼女いるやん…

272: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 22:12:24.93 ID:sTv0KB2U0
少し落ち着いた頃、
「いつから?いつから好きになった?」
見えないけど尻尾をぶんぶん振りながら彼は聞きました
「抱きしめられた日から」と答えると、
「そっかーーーー!!!…あれ?でも割と最近だね」と一喜一憂する彼
私の気持ちもパンッパンッになってて、もうパンク寸前で、
一度好きだと伝えると何度も伝えたくなって
「かわいい」「すき」「かわいい」と何度も繰り返しました
顔を真っ赤にしてキャッキャッと喜ぶ彼を見ていて、何だか本当に嬉しかったです

273: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:14:27.32 ID:vfA/97Gs0
これからドロドロ泥んこになったらどないしよ
。・゜・(ノД`)・゜・。

274: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:15:54.07 ID:Wm2aXLzk0
ここで彼女から略奪展開か♪

276: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 22:16:30.88 ID:sTv0KB2U0
そして図ったかのように、私たちが出会った図書館の前で、
あの春振りに抱き締められました
「ゆうちゃん、長かったよ」
彼が私の耳元でそう呟き、その声が少し震えていて、
小学生だった彼を思い出しました
なんだかあの眼鏡の少年が堪らなく愛しく思えて、ふと上を見上げると
半ベソかいてる愛しい高校生がいて、「かがめ!」と言ってチューしたったです
唇を離して「三年振りだ」と冷やかすように笑うと、バツが悪そうに彼はハニカんでいました
二人で浮き足立って、手を繋いで帰りました
「俺達、彼氏彼女?」「いや、飼い主とペット」「」「けんごは柴犬」
幸せってこういう事か、と痛感した帰り道でした

277: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 22:17:53.53 ID:sTv0KB2U0
だああああああああああああああ恥ずかしい
終わり終わり!!!解散!!!

280: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:19:14.51 ID:RnuchKD+0
ん?これではおわらさんぞ?

278: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:18:48.18 ID:Cq8XIWxi0
あ?

281: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 22:19:43.62 ID:sTv0KB2U0
>>278
ううううううううううそですすみません舐めた口聞きました

282: 名も無き被検体774号+ 2012/10/17(水) 22:20:09.57 ID:NmxAdlopI
わろたwww

297: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/17(水) 22:42:01.65 ID:sTv0KB2U0
すみません書き貯めに入ります
とろとろしててすみません
いつも沢山のレスありがとうございます
返せなくてごめんなさい

もしかしたら夜中更新します

305: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:08:25.03 ID:bM9oF/lc0
書いてきた
この調子じゃ明日には終わります
でもいつも終わる終わる詐欺してるからなw

多分ここから私、嫌われ期に入ると思います・・・
苛々させるだろうけどごめんね

306: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:08:32.11 ID:s4tnNlQ30
なんだこれ、どきどきする
好きな人に会いたくなったじゃないか
どうしてくれるんだ

307: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:10:16.50 ID:bM9oF/lc0
そして、けんごは彼女さんと別れてくれました
本当に申し訳ないことをした、と落ち込んでいるけんごを見て、
私も申し訳なくて苦しかったです
けれどけんごが「でも俺嬉しい気持ちの方が強いから」
そう言って、手を握ってくれました
「俺がんばるからね」
こうして私達のお付き合いは始まりました

308: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:12:41.92 ID:bM9oF/lc0
彼が16歳、私が19歳でした
私は近所のコンビニで週3,4程バイトを始めました
終業時刻に彼が迎えにきてくれるのが習慣になり、
遠回りを沢山して帰るのが私達のデートでした
神聖な職場だから!と、肌寒い季節がやってきても彼はコンビニの中で待つことなく、
少し離れたガードレールに座っていつも私を待っていました
私が出てきたら嬉しそうに立ち上がってくれる姿が可愛かった
近所なのにいつも少しお洒落をしてる姿が可愛かった
週末バイト休みだよと伝えると、「遊べる?」と喜んでくれるのが可愛かった

310: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:15:04.26 ID:8HF7P+CU0
けんごほんとかわいいなー

311: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:17:00.62 ID:bM9oF/lc0
でも私はそんな愛しい彼のことを、陰で裏切り続けていました
私はまだ19の小娘でした
私の周りだけかもしれませんが、このくらいの年頃の女の子は
「年上の男性」「社会人」と付き合うのがステータスになっていたように思います
特に私達は女子校上がりの女子大生だった為、
周りに同級生の男子がおらず、どんどん夢見がちになっていました
「今の彼氏は社会人」「年上の彼氏はなんでも買ってくれる」「やっぱり付き合うなら年上だよね」
繰り広げられる友人達のガールズトークに、私は笑顔で賛同するのです
「年上の彼氏が欲しい」と言う友人には「欲しいね」と返し、
「ゆう彼氏いないの?」と言う友人には「いないよ」と返しました
今となってはなんてくだらない思想なのだろうと思えるけれど、
当時私の生きる世界で「高校一年生と付き合っている」なんて、とても言えなかった
昔から彼の年齢を気にし続けてきた私には尚更でした

313: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:20:17.18 ID:bM9oF/lc0
「友達にゆうちゃんのこと自慢してるんだ」とハニカむ彼に、
私はいつも後ろめたい気持ちでいっぱいでした
彼の学校行事に誘われても、私は首を縦に振りませんでした
けれどこんな私に罰が当たりました

315: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:25:21.55 ID:bM9oF/lc0
その日は珍しく街中でデートをすることになっていました
お互い先に別件の用事があったから、街中で待ち合わすことになりました
私が先に到着し、「ゆうちゃん」と声をかけられ振り返ると、
そこには制服姿の彼がいました
少し戸惑ってしまいました
けれど溢れんばかりの笑顔を向ける彼に、この戸惑いを悟られるわけにはいきませんでした

317: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:29:10.43 ID:bM9oF/lc0
「(休日だけど)今日学校だったの?」と何食わぬ顔で聞きました
「昨日までに提出しなきゃだったプリントを出しに行ってたんだ」
確か彼はそんな風に答えたと思います
「じゃぁ何しようか」と目を輝かせる制服姿の男の子
そうだ、彼には何の罪もないのに、
こんなに屈託無い笑顔を向けてくれているのに、私はなんて事を気にしているんだ
そう自分に言い聞かせ、嬉しそうに前を歩く彼について行きました
美味しそうにご飯を食べたり、何をするにも楽しそうだったり、
そんな彼に癒されながらも私は、人の目を気にしていました
自意識過剰もいいところです
世間から見たら、制服姿の男の子と
どこからどう見ても化粧覚えたての女の子が一緒にいることなんて、
何の違和感もないのに
本当に馬鹿げています

319: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:34:53.98 ID:bM9oF/lc0
「プリクラ撮りたい!」そう彼が言いだした時、少し躊躇した自分がいました
けれど私も二人が一緒に写ったプリクラが欲しかったから「いいね」と快諾しました
初めて二人で撮るプリクラに私達はハシャいでいました
カメラの前で抱き締められたり、落書きに「大好き」と書かれたり、
素直にどれもこれもが嬉しかった
二人で浮かれながらシートが出てくるのを待っていたとき、
ふと目を向けた先の光景に私は絶句しました
大学の同級生二人が、笑顔でこちらを見ていました

320: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:38:19.91 ID:bM9oF/lc0
「やっぱりゆうじゃん!」同級生二人が駆け寄ってきます
「友達?」彼が私に問います
「初めましてー、ゆうと同じ講義取ってます○○です」
同級生はそう言いながら、彼のことを値踏みするような目で見ます
「え、もしかして、ゆうの彼氏?」同級生の一人が声を弾ませ尋ねます
「あ、えーっと、はい」彼が嬉しそうに答えます
「えーーー!!!」同級生二人が騒ぎます
私一人、下手くそな笑顔を貼り付けて、
早くこの場を切り抜けなきゃと、ただただ焦っていました

321: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:38:56.10 ID:qQ3HJe+V0
なんか切なくなってきた…
けんごが傷つくのか…

322: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:39:59.99 ID:8HF7P+CU0
この展開…

323: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:40:49.49 ID:bM9oF/lc0
お願いだからこれ以上話を振らないで、そう同級生二人へ強く思いました
勿論そんな私の願いなんか知る由もなく、
彼女達は楽しそうに
「もー!ゆうずっと彼氏いないって言ってたじゃーん」と言いました
私は彼の顔を見れませんでした

同級生達はまだ続けます
「え、制服だよねー?○○高だー!」
「ねぇねぇ何年生?」
聞かれてしまった、と思いました
それはこの瞬間一番触れられたくないワードだったのです

「高三です」
彼がそう答えたとき、
心臓を強く強く殴られたようでした
「じゃぁ一個しか変わらないねー」
そう騒ぐ同級生達の声が遥か遠くに聞こえました

嘘をつかせてしまいました
何も悪くない彼に、嘘を

324: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:42:09.87 ID:zNHsfTIg0
ああああぁ…

326: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:43:26.63 ID:qQ3HJe+V0
けんご空気読めるいい男じゃん!

327: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:43:31.10 ID:jVFMwBsKO
けんご
カワイソス(>_<)


しかし複雑だな
ゆうちゃんの気持ちも痛い程解る…

330: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:44:11.43 ID:bM9oF/lc0
「じゃぁゆう!また来週!」
同級生達は満足げに帰っていきました
私はけんごの顔を見ることができませんでした
知られてしまった、私がけんごの存在を隠していたことを知られてしまった
頭の中でグルグルと言い訳を考えていました

333: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:47:04.21 ID:48tJK97ZO
こういう時の友達もまた気が利かねーでズケズケ来るんだよなww
逆に彼氏がスーツ社会人だったらサクッと掃けるくせによーww

334: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:47:30.88 ID:jVFMwBsKO
けんご
よく空気を読んだな

断言する!
お前は社会でも出世する

335: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:48:24.10 ID:bM9oF/lc0
「ゆうちゃん行こうか」
彼の声が優しくて、いたたまれなくなりました
謝らなきゃ、そう思い口を開いた瞬間、
彼は出口へスタスタと歩いていってしまいました
小走りで追い掛け、やっと彼の横に並べた時に「ごめんね」と声をかけました
彼はスタスタ歩きながら、ううんと首を振りました
口元に笑顔を浮かべて
そんな顔をさせてしまった自分が本当に情けなくて、
何度謝っても足りないと思いました

「でも」
彼が歩みを進めながら、前だけを見ながら、口を開きました
「本当に18なら良かった」
悔しそうに顔を歪める彼を見て、言葉を失いました

338: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 00:56:04.56 ID:bM9oF/lc0
何か言わなきゃ、そんなことないよって言わなきゃ
でも今更何か言っても、全部が嘘臭くなってしまう
言葉を探しながら、彼の歩幅について行きました
そんな私に気付いた彼は、私に歩調を合わせ、
「恥ずかしい思いさせてごめんね」
まるで自分が悪いみたいな顔で、私に謝りました
泣いてしまうんじゃないかと思いました
それくらい苦しそうな顔をしていました
でも私は何も言えませんでした
「先帰っていい?」彼は私を見ずにそう言い、
「気をつけて帰るんだよ」と付け加えました
そしてスタスタと歩いていきました

336: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 00:52:14.56 ID:rp4DkehuO
つまり・・・年下のキープ君がイケメンになったからキープ君の彼女から略奪した話か

うらやましいぜ

339: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 01:04:14.79 ID:bM9oF/lc0
すみません今日はここまででいいですか・・・

>>336
なるほど
そう見えますよね

341: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 01:06:13.58 ID:nwnHBvna0
ゆうちゃーーーーん!!
いつも続きが気になる終わり方するね…

344: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 01:07:45.69 ID:zNHsfTIg0
悲劇のヒロインに浸りすぎだよゆうちゃん…
彼を幸せにしてあげてぇぇぇおやすみー

346: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 01:10:08.55 ID:bM9oF/lc0
すみません・・
>>344
ついに言われちゃいましたねすみません

おやすみなさい

348: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 01:29:48.41 ID:VAZEZFZi0
ラストがきになるぜ(´・ω・`)

352: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 11:27:39.02 ID:n/WWtmM30
ゆうちゃんのスイーツっぷりにイラつくわwww

でも恋愛なんてそんなもんでしょ
若いうちは周りの人間に見栄を張って、第三者の評価に左右されながら本音と建前の狭間で揺れ動く
それはけんごも一緒だしな!

つまらないプライドが自分にウソを吐かせる
でもウソを吐くと最後に傷つくのはいつも自分なんだよな〜

おっさんの横槍スマンm(_ _)m
若い頃の甘酸っぱい自分の経験と重ね合わせながら読んでます

353: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 11:44:03.55 ID:EH14uP0fi
図書館行ってきた!
通い続ければなんか起きるよなw
俺もゆうちゃんみたいな子に
出逢えるよな?

そこから5年間思い続けるのか

…40近くになっちゃうな

354: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 11:46:18.37 ID:UoO66RSe0
>>353
ガンバレ!

355: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 12:17:35.61 ID:jVFMwBsKO
>>353
しかし30すぎのオサンに声をかける女性なんているのか?

356: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 12:30:04.22 ID:5Eer7QZ60
>>355
ここどうぞ、って電車なら席譲られるレベル

357: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 15:59:53.90 ID:ZUJWFWYi0
>>356
それもうジイサン....

363: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 18:33:07.71 ID:6d7ggCkB0
>>356
www

366: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 19:58:45.07 ID:VNu8jfv10
これホント最後二人はどうなるんだろう?

若いときの恋愛って後で考えるとしょうもないことなんだけど当人たちは一生懸命なんだよね

みんないい恋愛してね

370: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 21:40:58.02 ID:bM9oF/lc0
遅くなりました!
すみません、先へ先へと焦っていたら少し雑な文章になったように思います
ご期待に沿えずガッカリさせてしまったらすみません(´・ω・`)

373: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 21:42:26.55 ID:bM9oF/lc0
彼の背中を見送り、私はふらふらと周辺にあったベンチに座り込みました
「恥ずかしい思いさせてごめんね」
彼の言葉がグルグルと頭を巡っていました
そうです、それが全ての原因です
私は彼を恥じていたのです
彼と付き合っている事が人に知られるのは、恥ずかしい事だと思っていたのです
何が恥ずかしいか、それは彼が高校一年生だということでした
でもそれはけんごのせいではない
そうです、けんごは何も悪くないのです
むしろ彼は、とても優しいのに
とても暖かいのに
とても私を好いてくれているのに
私は彼が3つ年下というだけで、彼がまだ高校生というだけで、
彼の人間性を全てないがしろにしたのです
彼という人間を否定したのです
恥ずべきは自分自身のモラルの低下でした

376: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 21:46:39.90 ID:bM9oF/lc0
私はまた自分本位に彼を傷つけたのです
彼を本気で思いやることなく、ただ自分のことだけしか考えていなかった
それがこうして結果となって表れました

彼の後ろ姿を思い出しました
いつもこういう時は、小学生だった彼の後ろ姿を思い出します
そして今日の彼の後ろ姿
彼の傷ついた後ろ姿を放っておけないと思いました
傷つけたのは私だけど、会いたいと思いました
会いたくない、別れたい、嫌いになった、そんな風に言われるかもしれないけど、
彼に会いたいと思いました
謝りたいと思いました
気持ちの全てを話したいと思いました

377: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 21:53:18.55 ID:bM9oF/lc0
こんな考えも自分勝手な考えに変わりないのだけど、
私は「会いに行ってもいい?」と彼にメールをしました
「今日?」と返ってきたメールに「今日」と返しました
しばらくして「解った」と返信がきて、すごく安堵したのを覚えています

私はその足で彼の家に向かいました
「玄関開いてるから入ってきて」という彼のメールに従い、
彼の部屋ノブをドキドキしながら回しました
そこには、ドアに背を向け、ベッドに寝転んでいる彼が居ました
制服がシワクチャに投げ捨てられていました

380: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 21:58:50.73 ID:bM9oF/lc0
私はベッドの前に座り込み、「けんご」と声をかけました
「うん」彼が小さな声で返事をしてくれました
「けんごにね、話したいことがある。いい?」と尋ねると、彼はしばらく黙り込みました
「聞いてほしいんだけど、だめかな?」
そう再び声をかけると、けんごはガバッと上半身を起こしました
「ゆうちゃん待って、俺に先に話させて」
私の方を向かない彼のその申し出に、私は別れの言葉を覚悟しました

383: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:05:46.35 ID:bM9oF/lc0
「俺ね、全然気付いてなかった」
「普通に考えたら、3つも年下の彼氏なんか恥ずかしいに決まってる」
「ゆうちゃん達からしたら全然ガキだよね」
「俺馬鹿だからそんなの全然気づかなくて、ゆうちゃんを学園祭に誘っちゃったり、
ゆうちゃんの友達に彼氏だって言っちゃったり」
「嫌だったよね、ごめんね」

彼から出てくる言葉は、全て自分を責めるものでした
私は首をブンブン横に振りながら聞いていたけれど、
彼はそれに触れず、更に言葉を続けました

「あのね、友達には俺のこと話さなくていいし、
何なら今日みたいに俺の年齢嘘ついてもいいから」
「って言うか、俺もう制服で一緒に歩いたりしないから」
「だから俺がハタチになるの、一緒に待ってくれない?」

彼の言葉の真意が掴めなくて、ただ素直に「え?」と聞き返しました

387: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:09:47.39 ID:bM9oF/lc0
「あのね、俺がハタチになったら、ゆうちゃんは23になるよね」
「俺が30になったら、ゆうちゃんは33になるよね」
「俺たちがもう少し大人になったら、3つの歳の差なんて、
今みたいに言葉にしてもそんなに気にならなくなると思うんだよ」
「だから、3つの歳の差を恥ずかしいと思わなくなる歳まで、
とりあえず一緒にいてほしい」
「それまで、周りには俺の存在隠してていいから」

389: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:12:44.06 ID:bM9oF/lc0
この時の感情を言葉にするのはとても難しいので率直に言うと、
とてもけんごを好きだと思いました
こんな事を思い付けるけんごを、こんな風に私のことを思ってくれるけんごを
間違いなくこの瞬間、私はけんごに二度目の恋をしたと思います

391: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:12:54.82 ID:jVFMwBsKO
解るなあ
けんごのキムチw


24歳で29歳の姉さんに「あと3年まってくれたら貴方にふさわしい男になる!」

って捨てられた経験を持つ俺には解るw

392: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:14:12.77 ID:zNHsfTIg0
うわーけんご正論よく気づいた
しかもそれまで一緒にいてwwwwwってこのやろうwwwwwwww
けんごかわいいな

393: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:14:24.94 ID:jOD9x29KO
16歳にそこまで言わせちゃうのかよ…

394: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:14:41.23 ID:bM9oF/lc0
だけどそんなけんごに惚れ惚れしてる場合じゃありません
けんごの間違いを正さなければ
そして自分の気持ちを伝えなければ

395: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:14:59.57 ID:kbxpHOiL0
いいなあ…あまずっぺえ

398: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:17:43.36 ID:bM9oF/lc0
「なんでけんごが謝ったり自分を責めるようなこと言うの」
「けんごが年下なのは、けんごのせいじゃないでしょ」
「どれもこれも、歳の差を恥じた私が悪いんだよ」
「こんなに素敵な彼氏が居るのに胸を張れなかった自分が、何より一番恥ずかしいよ」
「本当にごめんね」
「ハタチまでとか言わないでよ」
「別にけんごがハタチにならなくたって、私、今からでもみんなにけんごを自慢したいよ」
「私の彼氏は16歳なのに、私より全然大人なんだよって」
「私の彼氏はすっごく可愛くてかっこいいんだよーって、
16歳のけんごを自慢するよ」
「だから、年齢なんか気にしないで、ずっと一緒にいようよ」
恥ずかしながら、最後はもう泣きながらの訴えでした

でも彼も泣いていました
久しぶりに、いや、初めて彼のこんな涙を見ました
しばらく二人でグシグシ泣いていました
私が返事を促すように手を握ると、うんうんと頷いてくれました

401: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:18:56.51 ID:zNHsfTIg0
あうあう涙がでてきた…

403: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:21:49.61 ID:s4tnNlQ30
こんな青春
わたしにはなかった(;_;)

404: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:24:48.87 ID:bM9oF/lc0
そして私は一つ提案をしました
「本当の恋人同士になろう」と
そうすれば今みたいな不安は全部吹き飛んで、
自分達の関係に自信が持てるはずだからと
そう言うなり私は上着を脱ぎました
やっと言葉の意味を理解したらしい彼は、目を見開いてイヤイヤしました
「駄目だよゆうちゃん」「なんで?」「いや、親帰ってくるし!」
「気になるならウチでもいいよ」「いや、違う、そういうことじゃなくて!!!」
アワアワと騒ぐ彼の意味が分かりませんでした
正直言うと、喜んでくれるんじゃないかと思っていたのに
「いや、だって、俺、ゆうちゃんのこと昔から知ってるじゃん」
「なんか昔からゆうちゃんは俺の中でキラキラしてて」(?)
「だから未だに俺ゆうちゃんを抱きしめるだけでも凄い緊張するのに」
「俺こんなだから、多分ゆうちゃんと最後までなんてできないよ」
顔を真っ赤にし、眉毛を八の字にして騒いでいる彼 

408: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:29:43.65 ID:/sMttJeR0
さすが軽い女

410: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:30:43.37 ID:bM9oF/lc0
何かそう言われると書きづらいな

411: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:30:58.69 ID:lvXJkYUC0
続けたまえろください

414: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:33:31.05 ID:bM9oF/lc0
まあいいや軽い女でw


「何その言い方、じゃぁ他の子とするわけ?」
しびれを切らしてこんな言い方をすると、
「いや、そういうわけじゃないけど、でも、ごめん、今日は無理」
彼は涙目でそう答えました
元彼とだいぶ勝手が違うので戸惑いました

でも二人の関係に何かしら自信をつけたかった私は、
「じゃぁそれとは別にもう一つ、本当の恋人同士しかしてはいけない行為がある」と
第二候補を上げました
まぁチューだったんですけど、彼はそれすら嫌がりました
「まだ歯磨いてないし」とかなんとか言って騒ぎます
「じゃぁいいよ」
これでも一応恥を忍んで提案していた私は、ふて腐れて見せました
まぁ本当に恥ずかしかったんですが

418: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:37:28.86 ID:XTIEBp540
no title
やり場のないもどかしさ!

419: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:39:07.13 ID:bM9oF/lc0
「じゃぁ言うけど」彼はそんな私を見て口を開きました
「情けないけど俺、そういうの全部初めてなんだよ」
「だから多分上手にできないし」
「ゆうちゃんは彼氏としてただろうけどさ…」
最後の言葉につい「ごめん…」と反応してしまいました
しばらく重い沈黙が続き、けんごが「あーもーやだ」と声を上げました
「ゆうちゃん元彼とそんなことしてたんだよね、いや、そうだろうなとは思ってたけど」
唇を尖らせて彼は憤慨していました
そうだ、私はお古なんだ、と思いました
私も初めてなら良かった
私も全部の初めてをけんごと共に経験していきたかった
なんだか神聖なものを前にして、自分はすごく汚れていると、
相応しくないのだと、自分の気持ちが沈んでいくのが解りました

426: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:43:07.80 ID:bM9oF/lc0
私のそんな様子を見て、
けんごは「ごめんね、ヤキモチだから」と申し訳なさげな声を出しました
気を使わせないような態度を取ったつもりでしたが、
けんごは何かを感じ取ったようで
「ゆゆゆうちゃん、やっぱりチューしていい?」
くぐもった声でそう言いました
「いいの?」と私は聞きました
それは「私でいいの?」という意味を含んだものでした
「したくなったっ」と目尻を下げて笑う彼を、大好きだなぁと思いました
きっと、無理してるだろうな、と思ったから
確かに彼のそれは不器用で不慣れなものだったけれど、
「ちゅーってこんなにいいものなんだ…」と呆けながら呟く彼が
馬鹿馬鹿しくて愛しかったです

428: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:45:26.78 ID:vblkmzRM0
俗に言う歯が…だったのに
なぜ彼方がとか付いたしorz

429: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:51:23.33 ID:bM9oF/lc0
それからしばらく段階を踏んで、その歳のバレンタインに一線を越えました
お気づきでしょうが、生々しい描写は避けております申し訳ないです
ただ事後に二人で感動して泣いたことだけお伝えしておきます(耳打ち)
「俺が18になったら結婚する?」と雰囲気に呑まれて言っちゃう子供の彼に、
「ううん、それから4年待ってる」と告げました
「子供の頃けんごに沢山待っててもらったから、次は私の番だよ」と

彼には大学へ行ってもらって、就職に就いてもらわねば、と思ったのでwえへ

430: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:51:30.00 ID:LZ4dYx/10
バッドエンドはやだよー

433: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:55:03.87 ID:GCRphbdC0
38のBBAだが泣いてる!
なんでこんな汚れてしまったのか!
。・゜・(ノД`)・゜・。

437: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 22:56:27.89 ID:bM9oF/lc0
そんな感じで私達の交際は順調に続いておりました
特筆すべき大きな喧嘩もありませんでした
彼との思い出を少し語るとするならば、
彼が高3の体育祭、「応援団長になったから見にきて」と誘われて、
初めて彼の高校行事に参加しました
頑張る彼を見ていて誇らしかったけど、少し恥ずかしかったのを覚えていますw
演目が終わり、彼に声を掛けようとしましたが、
彼の周りは後輩女子でいっぱいで気が引けました
そんななか「ゆうちゃん」と声をかけてきたけんご、後輩女子の視線は一斉にこちらに向きました
「年上じゃん、あれ」と、jkに「あれ」扱いされたことを今でも鮮明に記憶しています

438: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 22:57:53.53 ID:vblkmzRM0
>>437
あwwwwwwれwwwwww
最後でわらかすなやwww

444: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 23:04:06.37 ID:bM9oF/lc0
そして彼の高校の卒業式も出席しました
校庭に出てきた彼が一目散にこちらへやってきて、制服のボタンをくれました
嬉しかったけど、少女漫画のヒロインになったようで赤面しました
しかもその光景を彼の同級生達がキャーキャーはやし立てて、
死ぬほど恥ずかしかったのを覚えています
あとは彼が大学生になり、19の歳に一人暮らしを始めたので、半同棲を経て、
今一緒に暮らしています
ちなみに私は短大を卒業して、接客業に励んでおります

445: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:05:03.36 ID:5Eer7QZ60
あれ?最後あっさりまとめちゃったなwwwwww

447: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:05:33.78 ID:LZ4dYx/10
やった−!!ハッピーエンドだ!!

451: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:07:36.07 ID:8HF7P+CU0
いいなぁーー!
最後結構あっさりだったけどwwwww
ハッピーエンドでよかった!二人ともお幸せに!!

452: ◆DuoCt8/SKk 2012/10/18(木) 23:08:54.98 ID:bM9oF/lc0
それで長くなりましたが、やっと 本題です
何故このスレを立てたか、ここを早く書きたかった
でもやっぱりまたこんなに長くなってしまいました
今日中に終わらすって宣言しましたが、それもやっぱり終わる終わる詐欺になりそうです
もしかしたら夜中現れるかもしれませんが、
明日には必ず終わらすので、もう少しだけお付き合いいただけますか(´・ω・`)
本当にすみません

ちなみに工口は書きません
さすがに一回目は上手くいかなかったとか暴露したら
けんごに悪いので
あとあっさりまとめちゃってすみませんw焦ったのもあるけど
本当に安定してたので

458: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:11:58.76 ID:jVFMwBsKO
よしっ
ハッピーエンドだ
良かった、良かった
ゆうちゃん
けんごくん
お幸せに〜

462: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:24:38.21 ID:qQ3HJe+V0
ゆうちゃんお疲れ様でした。

けんごの身体的な成長と健気さ、ゆうちゃんの繊細な心理描写が映像のごとく想像できてすごくよかったです。

ただ欲を言えば最後がアッサリすぎてちょっと不完全燃焼かな。


けんご本当に素敵な彼氏ですね。
きっとモテモテイケメンに一途に惚れられているゆうちゃんも素敵な女性なんだと思うよ。


欲を言えばもうちょっとエピソード聞かせてほしいです。
バレンタインの〜とかw

ま、もうちょっとありそうだから期待してます。

466: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:29:09.24 ID:48tJK97ZO
けんご、そんなにイケメンなのかよ…

一度他の女味わった後、糸が切れた凧みたいになりそうな予感


一生涯ゆうちゃんしか知らない男で終わるとか聖人すぎるぞw

473: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:48:42.36 ID:GAP05Wvy0
>>452
続きは気になるが、終わっちゃうのはちょっとさびしい

469: 名も無き被検体774号+ 2012/10/18(木) 23:40:24.35 ID:zTwVKR2n0
まだ終わらない…だと?

引用元: ・年下男に求愛され続けてた話していいですか

関連記事

【1/3】中学生の頃、町立の図書館に通ってたんだけど、そこで悲壮感を漂わしている小学生と出会い、仲良くなった。初めてできた年下の友達に私は夢中になっていき…。

※記事が更新され次第リンク先に繋がります。

【3/3】中学生の頃、町立の図書館に通ってたんだけど、そこで悲壮感を漂わしている小学生と出会い、仲良くなった。初めてできた年下の友達に私は夢中になっていき…。




このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年03月11日 21:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事