149: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 11:37:30 ID:WL8LeGl+0
ぬるめ。 

登場人物 
・A男(俺男の後輩) 
・B子(派遣事務員) 
・C太(B子の関係者) 
・俺男(A男とペアで行動することが多い) 

これまで女っ気ゼロだったうちの職場に新しくB子という派遣事務員が入った。 
B子は大人しい子で、髪も染めていないし、化粧もファンデーションをうっすら、服は機能性重視。黙々と仕事をこなす。 
まあ決して美人ではないが、あたりのやわらかい感じで、脂の抜けたおっさんが「息子の嫁にしたい」ってタイプ。 







A男「B子って絶対男性経験ないですよね!」
俺男「なんで言い切れるんだ。本人に聞いたのか?」
A男「それがなんか誤魔化されちゃってー」
俺男「聞いたのか!?」
A男「いやいやさすがにズバリ「経験あるの?」とは聞いてないですよ。彼氏いるかどうか聞いたらいないって言ったから」
俺男「『今は』いないだけかもしれんがな」
A男「いやーあれは絶対彼氏いない暦=年齢ですって!」

A男はB子がお気に召したらしく、隣の席に配置されたB子に事あるごとに話しかけていた。
データ入力中だろうが書類整理中だろうがお構いなし。
B子がちょっと困ってる感じだったので、俺男は「仕事中に話しかけると気が散るだろうから控えろ」と釘を刺した。
だが「隣の机に女の子が座ってるなんて、中学以来なんですよねーなんか舞い上がっちゃってー」
と浮かれるA男の耳には右から左だった。ちなみにA男は、本人いわく素人経験なし。
数日後、俺とA男が出先から会社に戻ったら、ちょうどB子が携帯電話で電話しながら帰っていくところだった。
お互いに「お疲れ様」とすれ違ったんだが、隣のA男が突然「ハァ!?」と素っ頓狂な声を出した。

150: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 11:40:19 ID:WL8LeGl+0
俺男「いきなりどうした?」
A男「B子、今「C太」って言いましたよ!」
俺男「C太?お前の知り合い?」
A男「違いますよ!電話の相手、男ですよ!この前は彼氏いないって言ったのに!」
俺男「昨日から付き合い始めたんじゃないのか」(笑い話っぽく)
A男「タメ口でしゃべってたし!」
俺男「そりゃお前、いくらB子でもプライベートまで敬語はナシだろうよ」

次の日、A男のB子への態度がころりと変わった。
B子に対してだけ不機嫌そうな口調。
データ入力を頼む時、わざと大きな音を立ててファイルを置く。
B子が「皆さんご自由にどうぞ」と自腹で冷蔵庫に常備しているアイスコーヒーを飲んでマズイと文句をつける。
冷房に弱いらしいB子がカーディガンを羽織って寒そうにしているのにさらに温度を下げる。
俺はこの猛暑の中外で働いてるのに、B子は一日中冷房の効いた部屋にいれていいよねーと嫌味を言う。
B子はなんでもないような顔をしていたが、俺男や同僚が見かねて昼食の席でちょっとキツめに注意した。
A男は「えー俺そんな態度悪かったですか?B子さんに悪いことしちゃったなー」とはぐらかし、午後からはまあ普通の

態度に戻った。

そしたらその日の夕方、噂のC太がB子を迎えに来ていた。
またしてもB子と入れ替わりで会社に戻ってきた俺男とA男、ばっちり目撃。
C太はB子と同い年ぐらいで、思わずまじまじ眺めてしまった俺にぺこりと会釈してくれた。
B子が出て来るとニコニコしながら手を振って、B子もC太を見つけて嬉しそうに駆け寄った。
そしたらA男が二人を指差していきなり大笑いし始めた。

151: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 11:44:55 ID:WL8LeGl+0
A男「ちょ、自転車ってwwwいい年して自転車でお迎えってwww
   ていうかこんな時間(五時)に迎えに来れるなんて、彼氏ひょっとしてニート?www」

C男が不愉快そうな顔をしたのでいい加減怒鳴りつけて黙らせるべきか、と俺男が息を吸い込んだところで、
B子がC太の後ろに座って、ぎゅーっと背中にしがみついた。

B子「ねえC太ーおなかすいたよー早くご飯いこうよー」
C太「ん、そっすねー。そんじゃ、俺らこれで失礼しまーす」
B子「俺男さんA男さん、どうもお疲れ様でした」(キリッ)
C太「さーて今日はガンガン飲んでイヤなことふっとばしましょー」
B子「そうしましょー」

B子達は『耳をす●せば』みたいに仲良く二人乗りして去って行った。
悔しそうに何度も舌打ちを繰り返すA男の肩を叩き、牛丼をおごってやった。

次の日からA男はB子と必要最低限の会話しかしなくなったが、勤務時間中のオフィスではそれが当然だし、
B子もその方が気が楽そうだったので放置中。
A男はどうも本気で初めて信者だったみたいで、
C太といちゃつくB子を見て「あーこりゃヤってるわ」と一気に冷めたらしい。

ちなみにB子にこっそり「あのC太って彼氏なの?」と聞いたら「いえ、弟です」だとさ。

153: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 11:50:52 ID:0FWQrLxo0
弟かよwww乙!
まぁうざい男避けにはちょうどいいな

154: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 12:22:21 ID:MumovUt/O
弟オチ最高!
ウザイ男避けるためにしたんだ-
良かった良かった
A男きめー

161: 2/6 投稿日:2010/08/10(火) 14:27:54 ID:MM8K2Mow0
就職1年目の夏、彼子と別れてからちょうど1年が経った頃、彼子の父親から電話が掛かってきた。
彼子と別れてから初めての電話で、何事かと思って出ると何やら切羽詰ってるご様子。
いきなり「俺男君がもう彼子と別れて、新しい生活を送ってるのは知ってるが、困っているんだ。助けてくれ。」
と仰っている。詳しく話を聞いてみると

彼子の新しい彼氏Aは、友達の家を転々とするジプシー生活を送っていたらしく、彼子と付き合いだしたのをきっかけに彼子実家に居座る。
家賃生活費を一切払わず(家賃は元々取るつもり無かったみたい)、家事の手伝い等も一切せず。
で、当時彼子とAの働いていた某大手派遣会社、俺と彼子が別れるちょっと前から色々不祥事が発覚して、支店を統廃合して人員整理→廃業という道を辿っていた。
彼子は支店統廃合の時点で退職、元々やりたかった職に就くため勉強を始めたが、Aは廃業まで勤めてそれから再就職をしようとせずニートに。
1日中彼子の家でゲーム三昧、当然の如く家事とかは一切しない。
いい加減彼子も愛想を尽かしていて、一刻も早く出て行ってもらいたいが、出て行く気配はなし。
1度出て行くよう頼んだら暴れられて、それ以降は腫れ物を触るような扱いらしい。

「そんなこんなで、Aを追い出して欲しい。」と言うのが彼子父の頼みだった。
正直それは警察にお任せした方が良いんじゃないでしょうか?とアドバイスしたが、
最初に「家に来い」と言ってしまった手前、警察の手を借りるのは面子が…云々とどうやらお気に召さないご様子。
断っても良かったんだけど、彼子両親には小さい頃からお世話になってるし、まだ彼子の事を完全に吹っ切れてはいなかったし、
何よりAに一発かましてやりたい!ってのが頭にあったので、協力する事にした。
ちょうどお盆休みに突入するところだったので、俺の帰省に合わせてAを追い出す事に。



引用元: ・◇修羅場◇part99



このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年08月31日 21:14 ID:shurabamatome

おすすめ記事