lgf01a201405172000
901: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 12:55:01.23
流れを切って申し訳ない 
私の最大の修羅場は小学校時代 

当時、我が家は銭湯だった 
銭湯で倒れるお年寄りは少なくないので、万が一の時の対応は教えられていた 



スポンサーリンク



小一の下校中、突然お爺さんが目の前で倒れて、親に教えられたこと(救急車を呼ぶ、大人を呼ぶ、意識を確認する、声をかけ続ける)をして助けたことがあった
それが地元の新聞にも取り上げられて、消防から感謝状も貰い
お爺さんを助けた時に近くにいた上級生に妬まれネタにされ、いつもからもわれた
一番キツかったのは、怪我をした人を連れて来られて、無駄にグロいのを見せられることだった

小三になる頃には、みんなそんなことを忘れて平和だったが、
早朝に銭湯側からゴミ出しの手伝いを一人でしてたらボヤ発見
銭湯では油?を使ってお湯を沸かしてたから火事は他人事じゃなくて、対応は親に教えられてた
すぐに内線で親を呼び、近所に大声で声かけ、出てきた人に店の常備の消火器を渡し、あとは大人達に任せた
それも話題を呼び、前と同じようにからかわれた
この時はクラスメイトにむしろ私の側にいると不幸になる的な言われようで、一時期友達がすごく減って辛かった

続きます

902: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 12:55:49.78
901の続きです

それで地元が嫌になって、中学受験をして、結果が出るまでの間、道で踞る女性を発見した
夕方の住宅街なのに人はいないし、助けたらまたイジメに遭うと思って、手を出さずに避けて帰ろうとした
今思うと大したイジメでもなかったのに、当時は本当に苦痛だったんだ
だけどやっぱり気になって声かけて、妊婦さんだったから近くの家のインターホン鳴らして救急車を呼んで貰った
この時私はその後のイジメが怖くて号泣してた
その場の大人達に心配されるも、そこまで家の近くではなかったから名乗らずに走って逃げた
誰にも話さなかったけど、バレてイジメられること、赤ちゃんが助からなかったら自分のせいだってことが怖くて
しばらく行動がおかしくて親にも心配された程
その後も何かあるとあの時逃げようとしたことを思い出してた

皆さんのに比べたら大したことないけど、
先日、同窓会の時に当時の担任に、あれはお前だったんだろと指摘されて
あの時の女性と赤ちゃんが無事だったと初めて知った
あのあと妊婦さんがお礼のために近くの小学校に電話して、先生達が私だと確信
親に相談した上で、私のからかわれる状況を説明して、何事もなく済ませてくれてたらしい
肩の荷が降りた記念にスレ汚し失礼しました

スポンサーリンク


906: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 13:08:14.64
>>901
少なくとも2人、火事の件に至っては
何人救ったかわからないくらいの素晴らしい話だけど、
いい悪いに関わらず、「目立っただけ」で虐められる
餓鬼の頃の現実ってほんと辛いよな。
でも妊婦さんの時もよく逃げずに頑張った。

ところでその後は他人の受難の場に出くわさずに
平穏無事に暮らしていけてるんだろうか?

907: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 13:09:03.20
>>901
しっかりした子供だなぁ
からかわれて辛かっただろうが、神様はちゃんと見てるよ。

910: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 13:13:13.37
901のそばにいたら不幸にならずに済むんじゃん!
リアルで友だちに欲しい!

912: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 13:15:30.72
妊婦さんが無事でよかった
そして先生の配慮がサイコーだった
同窓会、出るもんだね

913: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 13:18:13.42
皆さんに同意
901の機転と勇気、先生の気遣いにじんときたわ

915: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/10(火) 13:27:55.23
901、902です 

皆さんありがとうございます 
中学以降は、自宅の銭湯で倒れる老人以外、ぱったりとそんな場面に出くわすこともなくなりました 
あの時の担任はまだ若い先生だったけど、裏でそんなことをしてくれていたなんて全く知りませんでした 
私が担任にお礼を言うと同時に、クラスメイトで一番からかってきた人から謝罪もされて 
これからはいい思い出として残せそうです

引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £100

スポンサーリンク
スポンサーリンク



このまとめが気に入ったら
「フォロー」または「イイネ!」
をよろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2014年06月05日 20:00 ID:shurabamatome

おすすめ記事